仕事とうちのこと

アドバイスが無駄になる

「在宅の仕事だよね?なんか集中する手段ある?」

「在宅だよ。集中する手段なんて分かんらん。
でも、でも、子供帰宅したら、進捗下がりまくるから、
なんとしても1人のときに進めておかねばならないのよ。」

みたいな会話をテレワークがスタートする子持ちの知人と交わしてたのに、まさかの休校。子供が常にいる状態になってしまった。

コントをやっているかのようなオチに吐き出さずにはおれなくなりました。

早く収束するのを祈るばかりです。

仕事と育児の両立については努力をしてきましたが、我が家は無理でした。
フリーランスの知人の中には、仕事中の親と勉強中の子が並んで過ごせていたという話もきいたことがあります。本当にうらやましかったです。
故に決して出来ないこととは思いませんが、我が家は無理でした。
親の仕事の種類やペース、親と子の性格や年齢などの組み合わせは多種多様で、成功例が自分にも当てはまるとは言えません。よくあることでしょうけど。

それでも、仕事のために試してきました。

例えば、子供の長期休暇。
私が仕事をしている間に子供の勉強が進んでいたら最高なのにと思っておりましたが、ほぼできておりません。
経験から出た答えは、仕事と両立するものではないということ。

思い返せば、赤ちゃんの頃、寝ている間に家事や仕事をしていました。幼稚園、学校にいる間はよいのですが、帰宅してからは同じような状態が続いています。
「宿題をやったの?」なんて声かけしながらの仕事は本当に進捗が落ちます。

通常の生活でも子供が帰るまでにやるべきことは仕事です。

ながらの仕事は、無駄にミスも増え、後の作業に悪影響が出ます。

そこで、いつ、どの作業をするかをきちんと決めて、実行してました。これで少しだけ解決します。

仕事に集中力フルパワーを使う段階とは別に、声かけしながらでも緩く進めれる作業を作るという感じです。

緩く進めれる仕事、私の場合は主に請求書作成や帳簿などですけど、そういう仕事をしながら、宿題を促したりしていました。

長期休みだと、土日に夫と子だけでお出かけとかしてました。これで仕事時間は取れてましたが、今回はそれは難しいですね。

成長して、もう自分でやるような年齢にもなってきたので、過去を思いだして、書いてみました。参考になれば幸いです。