• 2017-06-23

    tradosからmemoQに 変えてみる

    tradosを2017に上げたのは、ついこのあいだですが、今、memoQ派に変わりかけています。 trados一筋なわけでは全くないですが、trados案件を受けることもあり、tradosをメインで使ってきました。 それを変えたのは、tradosの不穏な動きからです。ここのところ、編集画面で固まった […]

    • 2017-06-05

    原文は読み込む派

    今日は、昨日校正したものを納品して、次の案件の調べものの日となりました。別人にはなれたかったけれど、厳しくチェックはしました。 ちなみに、原文はしっかり読み込む派です。 原文には、なかなかやりますなと思うものもあります。癖が強い文章のこともあります。誤字が多いこともあります。抜けがあるに違いないと思 […]

    • 2017-06-04

    校正を紙派

    校正はもっぱら紙でやる派です。 紙はかなり消費するほうですが、所詮一人分なので経費での割合は低いです。その点のエコは出来ていないので、他のところで貢献しようという考えです。 まずは、tradosから印刷した対訳形式のものをチェックしています。それからwordにして、英文としてのチェックを行っています […]

    • 2016-10-16

    科学論文の英語用法百科 第2段 冠詞用法

    科学論文の英語用法百科 第2段 冠詞用法 glenn paquette 著 この第1段の科学論文の英語用法百科 よく誤用される単語と表現を手にしたのは、10年以上前になるかもしれません。翻訳者として視点で購入した本であり、勉強になった1冊です。ちょっとした用法や違いを教えてくれます。 <!&# […]

    • 2016-08-22

    ヘクト光学

    ヘクト光学 原著:Eugene Hecht 翻訳:尾崎義治、朝倉利光 出版社:丸善 全3巻です。 <1>基礎と幾何光学と<2>波動光学 を購入してます。 浅くは多くの物理関連や工学関連の本にありますし、光学機器の本や詳細なところに焦点をてた本にも基礎的な説明はあり、必要なときに見る程度では良いのです […]

    • 2016-07-03

    今思う フリーランスのメリット

    夫が会社員で、妻がフリーランスという構成でやっています。 フリーランスとしてメリットを感じたのは、子供が入院したときに対応できるということがあります。 今がそういう状況なので、強くそう感じました。 お受けしている案件をしっかりと片付けて、少しお仕事を控えるペースでやって、状況を判断しなければならない […]

    • 2016-06-16

    翻訳者の納税と健康保険組合について

    春の個人事業主の風物詩は、確定申告だと思っています。 青色、白色、弥生、MFクラウドあたりはもう悩みませんが、 勘定科目、支払調書、経費、按分・・・という言葉は未だ悩まされ、数字には苦しめられ、 確定申告は何よりも早く終わらせることに尽力する行事となっています。 この結果、この季節に送られてくるもの […]

    • 2016-04-22

    翻訳者の一日とは

    外付けHDDから見つかったちょっと昔のファイルの中に痛々しいものがありました。 こういう形での情報発信を試みようとしていた様が分かり、痛々しいところはありますが、世の流行の一つでしょうし、翻訳者さんでは見かけないし、曝してみようと思いました。   Wacomのペンタブレットの練習も兼ねCl […]

    • 2015-11-26

    PAT-Transer v12

    クロスランゲージ PAT-Transer V12 を買ってしまいました。 Pat-transerは、特許明細書専用の英日日英翻訳ソフトです。クロスランゲージ社の商品です。 ちなみ、こちらは特許明細書専用ですが、もっと広い分野を対象としたものは、PC-Transer翻訳スタジオV22があり、 医学・薬 […]

    • 2014-09-30

    外国出願のための特許翻訳英文作成教本

    外国出願のための特許翻訳英文作成教本 Japanese-to-English translation techniques for U.S. patent filings 中山 裕木子 (著) 丸善出版 8月の購入予定リストに挙げていたのですが、1ヶ月販売が遅れ、先日、手元に届きました。 4536円 […]

    • 2014-07-23

    特許翻訳の実務 英文明細書・特許法のキーポイント

    特許翻訳の実務 英文明細書・特許法のキーポイント (KS語学専門書) 沢井 昭司 (著), 時國 滋夫 (著) 主に、1、2章が特許翻訳について、以降が特許制度についてでした。 まえがきに「第3章では、特許翻訳を行う上での最低限の法的知識ということでまとめました」とあるように、よくある特許制度の説明 […]

    • 2014-05-16

    化学とバイオテクノロジーの特許明細書の書き方読み方

    化学とバイオテクノロジーの特許明細書の書き方読み方 -研究者と特許担当者のための手引書- 特許業務法人津国 知財研究会 (著) 改訂版が出たそうです。 所有しているのは第6版ですが、 開いたところ、「化学やバイオテクノロジーの分野で汎用されている辞典・用語集」が記載されていたので、ご紹介。 --以下 […]