翻訳者のそれから
フリーランス特許翻訳者の仕事
仕事

リライト

隙間でだけど、精読+αしようとしている1冊が中山さんの特許翻訳英文作成教本。

特許翻訳の力をもっと向上させなくては、トライアルはパスしても、継続しての依頼は厳しいように思います。レートに適正な品質を求めるところに対してですが、できるならそういうところと仕事をしたいと思います。そういうところがこれから残っていく上位のところのように思います。

特許翻訳英文作成教本にてやり直し勉強しているところは、リライト。
英訳の仕事をしていてるとき、頭の中で日本語から日本語へのリライトをしている感覚はありますが、それだけではやはり日本語に引っ張られて、英語としては不自然な印象が残ることがあります。引っ張られたものを好むところもあるので、そこは好みに合わせます。最終的にその英訳のみを読んでチェックして、そこを修正していますが、もう少し論理的にも英語的にもよりよくするのにどの段階で何ができるかを考えています。日本語から日本語へのリライトをもっと大胆にやってみるかとか。迷いの解決策がないかを探しつつ、あれこれと読んでいます。

特許翻訳英文作成教本にてと書きましたが、記載されている参考書を含めての勉強です。こちらの本自体の精読は終了していますが、派生したものがなかなか進まず、更に広がっていってます。迷走ぎみになると中山さんのこの特許翻訳英文作成教本に戻ってみてます。