お金の話

持続化給付金申請とその後

確定申告にはマネーフォワードのクラウド確定申告を使用しています。
持続化給付金の予測金額を確認できるページを作成してくれていて、入力項目についてや必要な売上台帳の出力もしてくれました。

ということで、申請をしました。そして、待っている状態です。

この自粛期間はこれまでにない時間でした。
息子とここまで一緒に過ごしたことはいつ以来でしょうか。
今後、こんなに長く過ごすことがあるのだろうか。あれば、それはあまりよろしくないことが起きているように思います。
やっと給食が来週から始まり、午後も授業があるという「これまでの通常の生活」が少ししんどく感じます。
また一日、仕事に費やしてしまう日も増えるのだろうと思います。
自粛期間中は、少しだけ仕事の分量を抑えていました。いつも納期が長めにある会社の案件だけを主に受けていましたが、現在は、短めだったり、小案件も受けていきつつあります。
和訳のご依頼をいただいていた会社が、私のお世話になっている会社の中では納期が短めだったこともあり、すっかり英訳の翻訳者に戻りつつあることは予想外でした。まだまだ英訳のほうがやりやすいということや、じっくりやれる会社だけに集中できたことで改善点なども見つけられた上、丁寧に仕事ができたという満足がありました。調べ物に使っていた本も丁寧に読めたことも良かったですし、これは勉強になるというサイトや本の情報も得られました。

今後の方向性には迷いがでてきてしまいました。