CATEGORY

    • 2020-09-29

    メディカル翻訳通訳完全ガイドブック

    ついこないだ買った気がしますが、新版が出たので購入しました。 特許の医薬系を扱うこともあるので、参考になるところは結構あります。 中身はゆっくり読んでいきます。 お世話になっている業界への貢献として業界関連誌を買うぐらいです。 無くならないといいなという想いも込めて、ブログに。

    • 2020-09-25

    出版翻訳の方向け

    ブログ整理は置いておいて、フォルダー整理が進みました。 一つ進むと、他も気になりますね。本棚の整理も進みました。 「翻訳家になるための7つステップ 知っておきたい「翻訳以外」のこと」 を読了。 読み終わって、ハイキャリア の連載だったと知りました。ハイキャリア、たまに読んでいます。 副題のほうの「翻 […]

    • 2018-09-13

    翻訳者になるには?

    フリーランスの翻訳者です。 そのため、「翻訳者になるには?」や 「どうやって翻訳者になった?」 を聞かれます。 聞いてくる方は語学に堪能だったり、語学系の学科を出ていたりと、私の場合と違うことが多々あり、私が参考になるのかと思いながら答えています。 本当に恐縮してしまいます。 私は技術系が入口のタイ […]

    • 2018-05-28

    ロウソクの科学

    名著で挙げられるロウソクの科学は、子供達にファラデーが講演したものをまとめたもので、それを更にざっくりと読みやすくしたものがあったので、子供に購入。 元より理科好き、空想科学読本の柳田理科雄氏を尊敬する人に挙げていたので、好きだろうとは思ったが、予想通りであった。こんなに単純でいいのかと不安にもなり […]

    • 2018-04-18

    改訂2版 米国特許明細書の作成と審査対応実務 これは

    積ん読を積み直す。 改訂2版 米国特許明細書の作成と審査対応実務 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) タイトルにあることがあっさりとまとめられた1冊であった。 「第3章 米国出願用明細書の作成1(翻訳文に適した日本語作成の留意点)」は7ページながら翻訳者には考えさせられるものがあります。 「第4 […]

    • 2018-03-09

    良かった本について 備忘録

    読んで、こりゃ良かった本。 どれも役に立っている。 米国特許出願書類作成および侵害防止戦略 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) posted with ヨメレバ ベンジャミン・J. ハウプトマン,キエン・T. リー 経済産業調査会 2017-09-08 Amazon Kindle 楽天ブックス […]

    • 2017-07-08

    memoQも慣れてしまえば

    memoQ の利用も数週間になり、慣れてきました。手が慣れてくれば、目の動きや操作の違いなんかはあまり気になりませんね。 途中まで、用語ベースの活用が出来てませんでした。tradosで使用していたものを整理し、インポートしたつもりでしたが、どうも英日で対になっていない状態でした。エクスポートしてみて […]

    • 2016-10-16

    科学論文の英語用法百科 第2段 冠詞用法

    科学論文の英語用法百科 第2段 冠詞用法 glenn paquette 著 この第1段の科学論文の英語用法百科 よく誤用される単語と表現を手にしたのは、10年以上前になるかもしれません。翻訳者として視点で購入した本であり、勉強になった1冊です。ちょっとした用法や違いを教えてくれます。 <!&# […]

    • 2016-08-22

    ヘクト光学

    ヘクト光学 原著:Eugene Hecht 翻訳:尾崎義治、朝倉利光 出版社:丸善 全3巻です。 <1>基礎と幾何光学と<2>波動光学 を購入してます。 浅くは多くの物理関連や工学関連の本にありますし、光学機器の本や詳細なところに焦点をてた本にも基礎的な説明はあり、必要なときに見る程度では良いのです […]

    • 2014-09-30

    外国出願のための特許翻訳英文作成教本

    外国出願のための特許翻訳英文作成教本 Japanese-to-English translation techniques for U.S. patent filings 中山 裕木子 (著) 丸善出版 8月の購入予定リストに挙げていたのですが、1ヶ月販売が遅れ、先日、手元に届きました。 4536円 […]