在宅に向かない

去年の3月は引越しで忙しくなり、仕事量を減らしました。年度末は私的に繁盛していた傾向があったので、この撤退は少し悔しかったです。

変わって、今年は忙しい年度末になりそうです。

世の中、休校で働く親が現場から減ることで、該当しない方々にしわ寄せがというtweetを見かけました。色々な立場が混在し、難しいことと思います。補償の話からは除外されるし、子供が在宅だろうが働かなくては収入は無いしで、世の多数派からは外れていることを実感します。

この流れでテレワークでの対応を促すのは悪くない、いや良いことなのでしょう。

夫からテレワークになるかもとの連絡がありました。

しょうがない。しょうがないけれども、子供がいての仕事をいきなり経験させるとはハードかも。

あのダイニングテーブルと椅子を使うしかないが、腰痛持ちなため、腰痛が悪化しそうなのも心配です。かと言って、私のものを貸すわけにもいかない。

そもそも私の仕事風景を見て、自分は在宅は向かないと漏らしていたので、苦しむことになるでしょう。

私も彼は在宅に向かない気がします。たった一例ですが、この機会に向かないか否かを観察したいと思います。

とりあえず、家に人がいて、密度が上がり、、、
私の職場が崩壊していくイメージが湧きます。

しかし、負けずに働いてやります!