特許翻訳者をやっています。

tradosからmemoQに 変えてみる

tradosを2017に上げたのは、ついこのあいだですが、今、memoQ派に変わりかけています。

trados一筋なわけでは全くないですが、trados案件を受けることもあり、tradosをメインで使ってきました。

それを変えたのは、tradosの不穏な動きからです。ここのところ、編集画面で固まったり、用語が読み込めてなかったりという、2017に上げる前までは出なかった症状が出てます。前は出なかったんだから、スペックの問題というより相性なのかしら。

発生頻度は多くないものの、仕事を止められるのは苛々が溜まります。この苛々が耐えられず、眠っていたmemoQに乗り換えたら、固まらない分快適でした。乗り換えはこう安易に行われるもんです。

trados案件もmemoQを挟んで作業を進めてしまった。なんとかなるものですね。ただ画面構成やショートカットには慣れないけれど。

とはいえ、trados案件もあるし、なんとか直らないかしら。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031