読む

ブログはよく読んでいます。

まとめて読むようなブログもあります。

その一つが木嶋佳苗さんの拘置所日記です。

状況を考えると、頭を抱えてしまいそうなくらい私には理解しがたいです。通常なら、私としては、女子力溢れるブログはスルーするものかもしれません。女子力ないので、持ってみたい力ではあります。ただ状況が状況だけに、彼女の女子力にある意味、怖さと魅力を感じ、一読者となっています。

そんなブログに有斐閣の文字があり、新刊チェックまでされているようです。

私も読まねばならなかったと、思い出しました。