特許翻訳者をやっています。

続 今日の仕事に思うこと

さて、夕食を作るというやつと、夕食を終わらせて、あれこれやってると、19時半。

ここを効率的にやれば時間を節約できるんだろうなぁと、あの本の読後なので思います。

仕事があるときは、ここから残業です。

数字的には、一般的に働いているのと変わらないかもしれない。通勤時間が家事時間に近いかもしれないので、一般的にみれば効率は良いかもしれません。

本日は余裕があるので、読書かな。と、子供とお喋りです。まだまだよく喋ってくれる小学生男子の話を聞きます。

ただ、子が寝たら、ついつい仕事を考えてしまう時間になりそうです。

子の成長と仕事に関する時間は、反比例みたいに変わってくるのだろうか。どう変わるのか興味深いし、他の方の話も聞いていみたいですね。千差万別だろうな。夜翻や朝方早起き翻訳は、確実に時間がとれる時間と認識してました。子持ちとしてはあるあると思ってるけど、これって、絶対子持ちと言える期間が終わったときには、飛躍できるパワーになると思ってます。

そういうのを頑張ってる方々に伝えたいな。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930