翻訳者のそれから
フリーランス特許翻訳者の仕事
雑感

日曜日の仕事場にて

仕事をする通常の日曜日を過ごしてます。

平日に子供の学校や病院に行く予定がちょこちょことあるので、日曜日にまとめて仕事を進めておくという算段です。

フリーランス妻×会社員夫という組み合わせのうちは、平日のこの手のことは私がメインでやることが多いです。その分、日曜日に静かな仕事場を作るため、子と夫で出掛けることがあります。とはいえ、最近は子供は友達と遊ぶことも増えてきて、変わりつつあります。働き方というのはこうやって変わっていくのだと感じます。

小学生に子供がなった頃に、メインの翻訳会社さんには仕事をドンドン受けていきたい旨をメールしましたが、病院なども自分で行き、学校行事も行くことがなくなれば、またもっとドンドン受けれますのメールを送ることが出来るのかもしれません。会社に打ち合わせに来れる方という募集にも強気で応募出来るかもしれません。

子供の成長と私の成長が並行していけていることはベストなことなのかもと思います。

出来ていないし、やる気もないのだが、それでも家事と仕事と、育児の両立という言葉から育児という言葉が離れつつあるのではないかと思う。