特許翻訳者をやっています。

小規模企業共済を申し込む

先日、小規模企業共済の申し込みを行ってきました。

掛け金をいくらにするか悩み、その内にと延ばしてしまっていたのですが、書けた年数は大事なところですので、
とりあえず少額でもまずは掛けておこうと、動きました。

小規模企業共済に請求した書類に必要事項を書き込み、
ついこの間申告した確定申告書のコピーと、
電子申請だったため、e-taxのメッセージの受領メッセージを印刷したものと、
念のため、
書類に使った印鑑と、
記入した口座の通帳を持って、
記入した口座の銀行に行ってきました。

さほど混んでいない銀行で、すぐ順番は来て、窓口に書類を提出すると、あっさりご理解いただき、小規模企業共済に連絡し、確認するのでお待ちくださいとのこと。

結果、書類上部にあった捨て印を見逃していたため、その場で捨て印を押しました。
ほか問題は見当たらず、銀行での受領は完了でした。

私のすることは今のところここまでですので、小規模企業共済からの受領の結果待ちです。

じきに住民税の納付書が届くのかと考えると、ため息が出てしまいますが、
この行動で来年は少しは節税効果があるはずと励まし、仕事に励みます。

小規模企業共済は、毎月最大7万円まで掛けることができ、全額所得控除となるので、
最大7万円を掛けちゃえ、

ついでに確定拠出年金も最大6万8千円を掛けちゃえ、
と軽く思えるぐらい稼ぐのが一つの目標です。

とりあえず、1万円からスタートです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031