特許翻訳者をやっています。

日々、進捗、労働時間とかとかとかを記録しています。

基本、翻訳に関する作業の記録ですが、
労働時間は、月平均約152.0時間、案件数は、月平均6.1件でした。

1月を4週と考えると、週38時間。
1日8時間、週40時間という労働基準法に規定の数字内に収まってしまう。
会社員ならば、残業もなきゃ、土日出勤もしていない数字ですんで、そう働いていない感じがします。

でも、翻訳についての労働時間はこのぐらいでやっていくのがベストかな。

みなさんどうですか?

仕事が目の前にあると、ついつい優先して仕事をして、前倒しして納品して、すぐ次の仕事が来てみたいなサイクルでまわし、働きすぎ、仕事を詰め込みすぎな状態になってしまいがちなので、時間を意識しています。

労働時間以外を占める家事、子のこと、翻訳作業以外のことは当然あるとしても、仕事に関連する書籍やサイトなどをもっと読めていてよいはずなんですよね。

仕事以外の本は読めているのに。困ったもんだ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031