特許翻訳者をやっています。

下位ということですね

久々のご依頼。

かれこれ一年ぶりではないだろうか。ここは確か、trados案件ではないし、差分することなくまるまる出してくれるし、会社定義のルールやらが多いわけでもない、定期的に割と仕事をくださり、それがシリーズものであっりりと、単価は上位ではないが、時間的に考えると、手間がかからない分、そう悪くはない。

登録会社については単価や仕事の流れや貰ったお知らせなどなどをファイリングしてあります。こういう久々のときには役に立ちます。

そう決して悪い会社ではないのだが、ほか契約している会社さんと比べたときには優先順位が下がってしまう。そのため、断ることが増え、疎遠になっていたのだ。

故に、タイミングが合うなら受けたい会社さんからのご依頼なのだが、またまたタイミングが悪かった。さらに断りの理由には、何故、私にと思うような分野だったこともあってがある。

登録翻訳者としては下位になるであろうところへのこんな連絡は、よっぽど翻訳者が捕まらなったためだろう。ここで受けれれば良かったのだが、残念無念。更に下位に、そしてまた忘れ去られるのであろう。虚しいです。

めげずに今のところを大事にしつつ、頑張ろう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031