特許翻訳者をやっています。

トライアル受けました

トライアルに応募しましたら、予想より早く返信がきて、トライアルを仕事の間にねじ込むことになりました。

勝手な予想ですが、応募して、1、2週間後にトライアルが送られてくるかなと、考えていました。翌日に確認したメールは受領メールと思ったら、トライアルが添付されており、展開早くていろいろ不安が残っています。書類審査的なものはもしかしてなかったのかしら?いや、ぱっと見で納得の履歴書をかけているのかもしれない。ま、いろんな会社があるし、そういう会社もあるんだろうな。

今は提出して結果待ちの状態です。

内容はなかなか興味深いトライアルでした。直球と変化球の組み合わせみたいなやつでした。書きたいけど書けない。

予想より早いお返事で、希望単価以上で採用してもらえたらいいのですが。更に相性がよければ最高ですが。どうなるでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930