翻訳者のそれから
フリーランス特許翻訳者の仕事
仕事

翻訳者になるには

翻訳者になりました。

現在、特許翻訳を化学をメインにして、仕事をしています。
一応、忙しく仕事をしております。

このブログを訪問してくれたということは、もしかしたら、あなたは翻訳者になりたいと思っていますか?

翻訳者になりたいと考えたとき、どう行動しますか?
今なら、Googleで「翻訳者」と検索してみる人が多いのではないかと思います。

その検索結果から、
翻訳に産業翻訳、映像翻訳、文芸翻訳などのジャンルがあること、
社内翻訳者、フリーランス翻訳者という働き方、
翻訳会社から仕事をもらうためには、登録翻訳者にならなければならず、そのためのトライアルがあること、
たくさんの翻訳講座など、なんとなく知ることができるでしょう。

でも、疑問はスタート地点に戻り、結局、まず自分は何をすれば良いのかと悩んでしまいませんか?

で、翻訳者に実際になるには、どうしたらよいのだ?

こう考えるのは、単純に私がそうだったからです。

そう、私は悩みました。
どうやって勉強しようか?
何を勉強しようか?
どこの講座で学ぼうか?それって、通学?通信?

悩む時間がもったいないとわかっていても、簡単には決断できないですよね。
何より講座の受講料は安くありませんし、
かといって、独学でカバー出来るのか、無駄に時間をかけることになるのではないかなど、不安が浮かびます。
不安しか浮かびませんでした。

こんな風にぐだぐだと悩みつつ、情報収集ばかりして、進まない。
こうやって、完全にノウハウコレクターになりかけていました。いえ、私はノウハウコレクターですね。

それが趣味みたいになってしまうと全く進みません。経験済みだから、言えます。

ノウハウコレクターだけで終わらないため、行動するしかありません。
これに尽きます。

あのとき、とにかくわからないなりに講座を受講し、翻訳者に近づきました。
遠回りして得られたものはありますけど、それでは無駄な時間もお金もかかってしまいます。

調べたことや得たことを曝して、読んでくださる方の、参考になればいいなと思います。

あれから数年経ち、現在はフリーランスの特許翻訳者をしています。産業系翻訳の経験もあります。
ノウハウの収集は完全趣味としています。
翻訳講座は、通信をいくつか受講経験があります。
そちらについても、記載したいと考えています。