特許翻訳者をやっています。

名著で挙げられるロウソクの科学は、子供達にファラデーが講演したものをまとめたもので、それを更にざっくりと読みやすくしたものがあったので、子供に購入。

元より理科好き、空想科学読本の柳田理科雄氏を尊敬する人に挙げだしたので、好きだろうとは思ったが、予想通りであった。
題材であるロウソクそのものに興味が沸くかは不安は少しありました。
なにせ、キャンドルを楽しむ習慣もないし、実家のときの仏壇か花火のための火くらいしかロウソクを使うこともないぐらいですから。しかし、そういうところは大したことではないもんですね。ロウソクを知っているか否かは気にしなくてもよいとはちょっとした驚きでした。

私としては、元のロウソクの科学も進めたいところです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許翻訳者です。 レバレッジ特許翻訳講座を再受講しました。 一児の母でもあります。

スポンサードリンク

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930