特許翻訳者をやっています。

翻訳の布石と定石


翻訳の布石と定石実務翻訳プロへの道
著者:岡田信弘
一読しました。
例文は、特許明細書や論文、法律系が使われていますが、どの分野に偏る話ではなく、
一般的な実務翻訳に使える内容でした。
この手の本は他にもあるかと思いますが、細かい表現に対し、簡潔な解説が加えられており、理解しやすいです。
さらに、章分けや節分けのルールが乱れることなく、見やすく、読みやすかったです。
私の場合、仕事は英訳のほうが多いので、新鮮な感覚でした。
こちらの本、基本的には和訳についてですが、日本語を知ることは英訳にも繋がるのを感じつつ、読みました。
勉強になる本でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930