特許翻訳者をやっています。

「語学で身を立てる」猪浦 道夫著


著者は猪浦道夫さんです。
多言語学習中のブロガーさんの記事で見かけるポリグロット外国語研究所を設立された方です。
翻訳者、通訳者、語学教師という語学力を生かす職業について、勉強法、キャリアアップなど書かれており、参考になります。

職業ごとに何をすべきかという文はよく見かけますが、高校生、大学生、帰国子女、OL、主婦、壮年・熟年世代に分けての記述はおもしろいと思いました。サラリーマンではなくOL、そして主婦ということで、語学力を生かしたい女性がやはり多いのだなと感じます。そして、主婦へ「ハングリー精神の欠如」に気をつけろと言うあたり、なんとなく始める方がいるのが伺えます。

主婦であり、かつ子供がいると、日常のやることは多いと思います。細切れの時間を活用して始めた翻訳者の勉強が思いのほか、進んでいないと思えることもあるかもしれません。でも、そこで、諦めて、趣味にしてしまわないで、できることを見直して、もう一度進め直してみたらいいと思います。本当に英語を活かした職に就きたいのなら。

趣味になってしまわないように、達成する期限や目標を明確に定めて、実施していくことが大切だと思います。

読後、ポリグロット外国語研究所のページを見てみたところ、こちらで販売しているもの(PDF版)があったので、「英語の冠詞大講座・演習ドリル編」を購入してみました。

数をこなすにはよいかと思いましたが、少し高く感じました。

<実践後>数をこなし、勉強になると思いました。特許は少し、独特な冠詞の使い方を指定されますが、それでも冠詞のみをこなした勉強はなかったので、意識の仕方を学ぶことができました。

出版図書案内に、3月末発売予定「翻訳者必携虎の巻」とあり、購入予定です。

<購入済>購入済みなのですが、まだ読んでいないので、また記事にしたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930