特許翻訳者をやっています。

外国出願のための特許翻訳英文作成教本


外国出願のための特許翻訳英文作成教本
Japanese-to-English translation techniques for U.S. patent filings
中山 裕木子 (著)
丸善出版
8月の購入予定リストに挙げていたのですが、1ヶ月販売が遅れ、先日、手元に届きました。
4536円
約400ページ

まだしっかり読めてはいないのですが、参考になる点もあり、良さそうな印象を持っています。
ここのところ、翻訳関連の本ではハズレばかりだったのですが、これは買って使える1冊だと思いました。

「ありがちな英訳例」を挙げ、問題点の指摘、「リライト案」という流れがあるのですが、例示は、切り取りつつも、よく見かける表現であり、参考になると思います。
英文作成のための原文の理解の重要性は日々感じていることですが、それについて真摯に書かれてあるように思います。この本の着眼しているポイントは参考になると思いました。自分でも自分の注意点を得て、現状があるように思えるのですが、この本から自分の着眼できていなかったポイントを知ることができたというのは、良い収穫です。

ありがちな特許のことにページを割くということもなく、基本をあっさり押さえて、翻訳実務を重視しているように思います。タイトルに悪意を感じない、じっくり読んでみようと思える1冊でした。

—–<読了>———————————————————-

ざっと見たときの感想に間違いはなく、参考になるところが多い1冊でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930