特許翻訳者をやっています。

2100年の科学ライフ

自分の本棚が偏ってきていることを危惧して、夫の本棚から本を拝借。
と、読んでいたのだが、私が選んだので、やはり偏ってしまった気はします。
2100年の科学ライフは、私の本棚に収まっていても違和感ないものでしょう。
自分の本棚とは違う傾向のジャンルの中から好みのものを選択しただけあって、2100年の科学ライフは面白かったです。
こうやって、結局は自分の好みを取り、その流れに身をゆだね、ストレスはないのかもしれないけど、
何か取り残されてるんじゃないかとかが気になる。
だから、今度こそ、もう少し違うジャンルも好きな本の合間に読んどきたいななどと思うのだろうな。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年9月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930