特許翻訳者をやっています。

納税地の異動に関する届出書

個人事業主です。開業届を出しており、毎年3月辺りには確定申告をしています。
そして、転勤族の妻として引っ越しを経験しています。
そこで、個人事業主の引っ越しネタを自分の備忘録も兼ね書いておきます。

納税地の住所は自宅としているので、引っ越しの度に納税地も変わり、引っ越し先によっては管轄の税務署も変わります。

こんな引っ越しの際に個人事業主としてやっておく手続きに「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」の提出があります。

国税庁のページにて、「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」pdfをダウンロードして、印刷して、参考を見ながら同じように記入して、引っ越し前の管轄税務署と引っ越し後の管轄税務署に提出します。これは郵送でも可能です。

引っ越しにやるときの手続きとしては、ほかと比べたらほんと簡単なものです。

私の場合は、これまで引っ越し前の税務署には郵送し、引っ越し後の税務署は場所の確認込みで、直接出しに行っています。
2部出せば、1部写しとしてくれるようなのですが、前回の提出のときは1部のみとしたようです。単なるコピーしか手元にありません。次回の引っ越しのおりは2部でいきましょう(なんとなく)。

税務署関連の話としては、微妙な件が一つ。
住民基本台帳カードを取得して、昨年度まではe-taxで確定申告を済ませてきましたが、今年度はどうなるか、少し微妙です。
マイナンバーカードを申請はしましたが、ついこの間のため、うんともすんとも音沙汰がない。どうもかなりかかるようですね。

仕事関連に近いところの変更は、あと健康保険の住所変更です。

以前、書きましたが、大阪文化芸能国民健康保険組合に加入しております。今のところ、認可地域内での引っ越しのみですので、住所変更届けを提出するのみで片付いています。有り難いことではあります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

特許の化学を中心にやっているフリーランスの翻訳者です。技術や科学が好きです。転勤族に属する配偶者をもつ、一児の母です。仕事のことなど好き勝手に綴っています。

スポンサードリンク

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031